• Blog

  • ブログ

ディスカヴァー編集教室に登壇しました

2018/11/08   カテゴリー: , ,

昨日は、ディスカヴァー・トゥエンティーワン主催の編集教室にて、文章のロジックについて、お話しさせていただきました。

完全に文系の私が論理について説明することになるとは夢にも思ってませんでしたが、説明したのは文章を書くときに必要なロジックなので、一般的に解説されているロジカルシンキングとは少しだけ違います。信頼感と共感を読み手に感じてもらうために、どこまで論理を守るべきか、説明させていただきました。

そして、会場では11/15に上梓する初の著作となる先行販売を行ってもらえました!!
タイトルは『編集の文法でマスター 才能に頼らない文章術』です。

文章力は才能だという話をよく聞きますが、私自身はその俗説を信じていません。なぜならば、私がまったく文章を書けないところからスタートしたから。

思えば、私の正式な媒体における執筆スタートは、大学時代に毎日新聞で学生記者になった頃からです。当時、私の書いた原稿は、編集委員の方からほぼ跡形もなくなるほど赤を入れていただき、掲載となりました(中学高校でも新聞部でしたが、まったく通用しませんでした!)。

だからこそ言えます。才能ではなく、スキルなのです。

今回、書籍にまとめたのは、慶応SDMで学んだシステムエンジニアリングを使って形式化した、編集現場で暗黙知として守られている知見です。「編集の文法」としてチェックシートにまとめ、チェックシートの有効性についても検証し効果を得ることもできました。そのシートを使って、短期間で自身の文章力を上げるノウハウをまとめています。

願わくば、文章力を上げたい多くの人の役に立つことを。

  • Related Entry

  • 関連する記事

エディトリアルスキルとは?

2016/06/12   カテゴリー: ,

約15年にわたり、本造りに携わってきました。前職で「本の編集をしています」と話すと、「文章を書くのがお上手なんですね」と高確率で言われたのですが、そんなことはありません。 「そんなことはない」という表現は少し語弊があるかもしれません。確かに、文章を書くスキルがまったくないと仕事はできません。しかし、編集者は「文章を書く」ことがメイン業務ではないのです。 メインの業務は当然「本を売ること」なのです。どうすれば、読者が興味を持つ企画を立案できるのか。「何に困っているのか」「これからどうい

文章力は、書いていないと落ちるのか?

2018/11/01   カテゴリー: ,

長い間、それこそ何年も長い文章を書かなくなっていると、急に何か文章を書かないといけなくなったときに手が止まりがちになるもの。しかし、一度培った文章力が落ちることはないと、個人的には考えています。 なぜなら、文章力は文字通り「文章を書く力」であり、「てにをは」や主語と述語などの文法を守り、文章を書く力であるからです。そのため、1度覚えれば書くことはできます。 また、よく「文章力が落ちたから、文章が書けなくなった」という文脈でも「文章力が落ちる」という表現が使われることがありますが、この


Social media & sharing icons powered by UltimatelySocial