• Blog

  • ブログ

文章力は、書いていないと落ちるのか?

2018/11/01   カテゴリー: ,

長い間、それこそ何年も長い文章を書かなくなっていると、急に何か文章を書かないといけなくなったときに手が止まりがちになるもの。しかし、一度培った文章力が落ちることはないと、個人的には考えています。

なぜなら、文章力は文字通り「文章を書く力」であり、「てにをは」や主語と述語などの文法を守り、文章を書く力であるからです。そのため、1度覚えれば書くことはできます。

また、よく「文章力が落ちたから、文章が書けなくなった」という文脈でも「文章力が落ちる」という表現が使われることがありますが、この場合に陥っているのは、文章力が落ちたのではなく、ご自身の中で「何を情報発信すればよいのかわからない」状態になっているため、書く材料が見つからないために「書けない」状況になっていると思います。

なので、ご自身で、

  • なぜ、文章を書きたいと思うことがあるのか?
  • という部分を深掘りしていきながら、

  • 「誰に」「何を伝えたいか」
  • についてまとめることができれば、再び文章が書けるようになると思います。

    ぜひ、お試しあれ。

    • Related Entry

    • 関連する記事

    スタートアップパーティ開催しました

    2016/06/19   カテゴリー: ,

    先週、6/13に、先だって設立しておりました株式会社エディットブレインの会社設立報告会を開催させて頂きました。 株式会社エディットブレインでは、いままで本造りでつちかってきた「編集スキル」を、そのエッセンスの部分だけ取り出して、「個人の想い」や「商品・サービス」に活かしていくという新たな試みをはじめようと思っております。 編集スキル(エディトリアルスキル)のエッセンスは、情報の中から何が「光るもの(=強み)」をすくい取るスキルであり、強みを他者に向けて、「分かりやすい

    エディトリアルスキルとは?

    2016/06/12   カテゴリー: ,

    約15年にわたり、本造りに携わってきました。前職で「本の編集をしています」と話すと、「文章を書くのがお上手なんですね」と高確率で言われたのですが、そんなことはありません。 「そんなことはない」という表現は少し語弊があるかもしれません。確かに、文章を書くスキルがまったくないと仕事はできません。しかし、編集者は「文章を書く」ことがメイン業務ではないのです。 メインの業務は当然「本を売ること」なのです。どうすれば、読者が興味を持つ企画を立案できるのか。「何に困っているのか」「これからどうい


    Social media & sharing icons powered by UltimatelySocial