• Blog

  • ブログ

エディトリアルスキルとは?

2016/06/12   カテゴリー: ,

約15年にわたり、本造りに携わってきました。前職で「本の編集をしています」と話すと、「文章を書くのがお上手なんですね」と高確率で言われたのですが、そんなことはありません。

「そんなことはない」という表現は少し語弊があるかもしれません。確かに、文章を書くスキルがまったくないと仕事はできません。しかし、編集者は「文章を書く」ことがメイン業務ではないのです。

メインの業務は当然「本を売ること」なのです。どうすれば、読者が興味を持つ企画を立案できるのか。「何に困っているのか」「これからどういった内容が流行するのか」といったことにアンテナを立てて、日夜企画のネタをかけずり回って探し、「コレだ!」と思うものを書籍化するのです。

「編集者」の業務は多岐にわたります。売れるネタ探しの情報収集、企画立案のための競合分析、読者に伝わりやすい構成案の検討、カバーのデザインや誌面デザインの発注作業、予算管理、著者さんへの原稿依頼、イラスト発注、脱稿後の原稿整理(表記を統一したり、文法の間違いチェック、誤字脱字のチェックなど)、DTP業者への発注と進捗管理、印刷業者への発注、本文用紙の手配など……。時系列で業務を挙げてみましたが、「文章を書く」は入っていないことが分かると思います。

この中で、一番能力として求められるのが「いかに売れる本を作るか」。これに尽きます。そのため、編集者は「プロデューサー」(制作全体を統括する業務)と表現したほうが、イメージのズレはないように思います。

株式会社エディットブレインは、このエディトリアルスキルを、世の中に発信していくために設立致しました。本造りのエッセンスを、カタチを変えて社会に役立てていくことを決意しております。

ちなみに、設立日は2016年3月9日です。この日を選んだ理由の1つが、3と9で「サンキュー」という語呂になる日だったからです。常に感謝の気持ちを忘れずに、日々、邁進していきたいと思います。

  • Related Entry

  • 関連する記事

文章力は、書いていないと落ちるのか?

2018/11/01   カテゴリー: ,

長い間、それこそ何年も長い文章を書かなくなっていると、急に何か文章を書かないといけなくなったときに手が止まりがちになるもの。しかし、一度培った文章力が落ちることはないと、個人的には考えています。 なぜなら、文章力は文字通り「文章を書く力」であり、「てにをは」や主語と述語などの文法を守り、文章を書く力であるからです。そのため、1度覚えれば書くことはできます。 また、よく「文章力が落ちたから、文章が書けなくなった」という文脈でも「文章力が落ちる」という表現が使われることがありますが、この

スタートアップパーティ開催しました

2016/06/19   カテゴリー: ,

先週、6/13に、先だって設立しておりました株式会社エディットブレインの会社設立報告会を開催させて頂きました。 株式会社エディットブレインでは、いままで本造りでつちかってきた「編集スキル」を、そのエッセンスの部分だけ取り出して、「個人の想い」や「商品・サービス」に活かしていくという新たな試みをはじめようと思っております。 編集スキル(エディトリアルスキル)のエッセンスは、情報の中から何が「光るもの(=強み)」をすくい取るスキルであり、強みを他者に向けて、「分かりやすい


Social media & sharing icons powered by UltimatelySocial